zico's blog

zico は ジーコ と読んでください。

実家暮らしなのですが、リビングダイニングなので、食卓に、モノ、置きがち。

自分宛てのAmazonの荷物が届いて、家族が受け取ったときも、晩ご飯の支度してる脇に、これ見よがしに箱、置きがち。

荷物受け取ってくれて、ご飯作ってくれてありがとう、と(心の中で)言いながら、箱を取り上げました。

20cm×30cm×40cmくらいの、若干大きめの箱ですが、なんと、まだ開けてないのに、中を見ていないのに、中に何が入ってるか知っているわけですよ。
いや、実は爆弾とか入ってるかもしれない。幼い頃にお留守番するとき、宅配の荷物には危ないものが入ってるかもしれないから、直接受け取らないようにと言われていたのを思い出しました。集合住宅で、宅配ロッカーがあるので、インターホンに出たら、そこに入れてもらってました。

まあでも、この中にはOculus Questが入っているでしょう。それと一緒に爆弾は入ってないでしょうし、Oculus Questは爆弾ではないはず。発売日から1週間遅れた発送予定日からも、さらに1週間遅れて発送されましたから、それはもう、とても入っているでしょう。

その確信をね、確信のまま、噛み締めながら、この記事書いてます。面倒じゃないですか、箱開けるの。どちらかというと、空き箱を捨てるのが面倒。開けないと中身を出せないんですが、そうすると空き箱を、ゴミを生み出すことになる。可食部の多い食品しか食べない人の気持ちがわかる。

せめて、刃を使わずに、手だけで開けさせてほしい。せっかくゴミにするなら、ビリビリに破いて開けるやつしたい。古紙として出しにくくなるけど。

ビリビリに
破いて開ける
やつしたい

クリスマスに、ツリーの横でプレゼントの包み紙をビリビリに破いて開ける、ホームアローンか何かで見たやつ、したい。
ビリビリって言っても、退職届とかを指でつまんで綺麗に2つに裂くアレとは違うんですよ。紙の端は鷲掴みにすればいいし、掴むのが紙の端である必要もない。包み紙なら箱の角っこを掴むこともできる。掴んだら手前に引く。肩まで引く。それが破くってことです。紙のどこが裂けるか気にしないのがポイント。

開けました。

自分で買ったわけですから、包み紙なんてないじゃないですか。ダンボールは破りにくい。テープのとこは固い。力が欲しい。
しかしAmazonの箱にはコレがある。

普通は最初からここを使って開けます。便利。

Amazonの箱に入ったFacebook製品をGoogle製品で撮影する。
また箱かぁ。この、箱の中の箱、感。感もなにも実際に箱の中の箱なんですが、「サイズ感」とか「丈感」とかと同じ雰囲気です。

出しました。

普通はここで箱の中身の写真載せるんだろうなとは思いました。

このビニールは微妙に剥がしにくいけど、ビニール張る代わりに緩衝材詰めるのは、もはや古いやり方にすら思える。

実は、今年買ったディスプレイとデスクトップPCのダンボールをまだ捨てられてないんですよ。

箱、開けたらシュッと消えて無くなって欲しい。

それを声に出して呼ぶことがない

ぬいぐるみに名前をつけている、みたいな話を聞いて、私は何かに名前をつけることに関心がないなと、思います。

小学生になった頃に、(当時の)自分と同じくらいの大きさのテディベアをプレゼントされて、とても好んだ記憶があります。

一緒に寝てましたし、私が大きくなってからも何度か(こっそりと)抱きしめました。
今も家にありますが、名前はまだない。いや今後もない。

ぬいぐるみといえば、うさぎの、ヒトの新生児サイズのぬいぐるみも持っていて、よく好んでいました。紐を使って背負って、母性を発揮していました。
背負ってる様子の写真は我が家のアルバムを漁れば出てくると思いますが、やはりそのうさぎに名前はなかったと思います。

マンション暮らしなこともあって、ペットを飼ったことはほとんどないのですが、金魚を2匹飼っていたことはありました。お祭りの金魚すくいで(すくえなかったけど)お情けで頂いたものだったと思います。
フナレベルの大きさまで育ったんですよ!でも水槽の掃除をサボったら死んじゃいました……フンが結構溜まってた記憶があります。
その2匹には名前をつけましたが、名前は「太郎」と「花子」だったと思います。誰がオスとかメスとか全然気にしてなかったような気がしますし、もういつの時代の名前だよって。

ポケモンに名前をつけることもなかったと思います。そもそもポケモンをやったことは一度しかありませんが。ルビーだったかサファイアだったか。

名前がないから、それらは「くま」とか「うさぎ」とか「ピカチュウ」と呼んでいただけだと考えられますが、そもそも呼んだ記憶がない。

こいつ、かわいいなあ。愛しいなあ。この「こいつ」……。

DLsiteどっとこむ Advent Calendar 2018: はじめてのDLsite

こちらは、DLsiteどっとこむ Advent Calendar 2018の21日目の記事です。内容(とおよそ全てのリンク先)はR18につきご注意!

さて、こちらの同人誌を拝見しました。僭越ながらご紹介いたします。
www.dlsite.com
女の子たちが敵を倒していたら、ある瞬間から逆転されて、犯されてしまうお話です(抽象)。女の子はおっぱいが大きく、生えている角を折られると絶頂に達しておかしくなります(具体)。

初めてDLsiteで購入しました。普段はKomifloを見ています。

知られた作家さんのようですが、私はDWUさんの朗読で知りました。女の子が攻めていたら形勢が逆転するというお話のスタイル?を持ち味としているようです。

性癖に響いたポイントを纏めてみました。

ポイント1: 攻めと受けの逆転

当作品に攻めとか受けとかという概念を適用してよいのかわかりませんが……。つまり、強かったり、クールだったりするキャラクターが一転して、喘ぎ、善がり、恍惚の表情を浮かべるダイナミクスみたいなものが、陰茎の底から興奮を沸き立たせるような気がします。

ポイント2: 生々しい男根

女体の肉感?みたいなものも大事なのですが、男性のたくましさも重要だと感じました。イチモツも十分エロいですし、男性の体も美しいものです。作品を読んでいると、自分が攻めたいのか受けたいのか、入れたいのか入れられたいのかわからなくなります。

ポイント3: 猟奇的?

私には角が生えていないので、それが折られることもないのですが、作中では実は折るというより、ノコギリでガリガリと、いかにも痛そうな感じです。これについては上手い説明が思いつきませんでした。なんかイイっす。


以上、はじめてのDLsite体験でした。まだこの1本しか持ってませんが、機会があれば(?)また利用したいです。